100年住み継ぐ住宅

家と生きてく
100年住宅のロゴ

100年という単位で考える
これからの家づくりと暮らし

大量消費する使い捨てるモノを
たくさん持って豊かさを競う
そんな時代は終わりました。
限りある資源の中で、
私たちはこれから何を大切にして
どんな社会を目指していくのでしょうか。
ファーストステージは提言します。
100年住み継ぐ家を建て、維持していく。
「住まい」で繋がる持続可能な暮らし、
「100年住み継ぐ住宅保証制度」という
経済的でサスティナブルな仕組みです。
家を永く、大切に住み継ぐということは、
様々な豊かさをもたらします。
想いを込めた家に愛着をもつ
ライフサイクルコストと向き合うことで、
環境にもお財布にもやさしくなる。
ムダな住宅コストを抑え、資産価値を維持する。
家と豊かに生きていくという選択。
これからの暮らしのスタンダードです。

永く、安全に住み継ぐ3つの取り組み

  • 1.設計:100年住み継ぐ基本設計
  • 2.施工:100年住み続ける基本構造
  • 3.保証:100年住み継ぐメンテナンス

100年、3世代が住み継ぐ住まいを

100年住み継ぐことで家族3世代がつながることができます。 また、住宅に必要なトータルコストが抑えられ経済的に 豊かになります。日本の住宅寿命を延ばすことで、地球環境保全にもつながる住まいとなります。

100年住宅財団
主要国の住宅耐用年齢比較 トータルコストシミュレーション(100年間)
SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 私たちはSDGsに賛同しています。
MAIL TEL 来店予約